人気ブログランキング |
「天国の本屋」
これでも花郎、案外本が好きだったりします。きっと。
子供の頃は漫画ってー漫画は怒られましたネ、ママンにb
何せ花郎オカンは漫画の読み方が分からんそうで…(滝汗
だから「勉強せぃ!」とは言われなかったですが「本を読め!」と。
しっかし言われてみれば本より漫画のが高度ですよね。内容は兎も角。
日本初期の漫画は吹き出しとかの表現が違ったそうですよb
今の思惑的(?)吹き出しが普通の会話の吹き出しだったり。
まぁいつから変わったんだかまでは知りません!(相変わらずテケトー

何の話だっけ…あ、本ね(大丈夫か?
結局花郎が漫画読み出したのって中学くらい?も少し前か。
だもんで例に洩れず履歴書に「趣味:読書」とか書いちゃう極寒人…。
まぁ本は大好きですよ、漫画も本も。
今でも余裕とか暇とか「キターッ!」ってのがあれば読みます。
その時その時に惹かれるって意味で「キタッー!」ねw

そんで昨日本屋行きまして、久し振りに本購入。
その本がタイトルの「天国の本屋」(新潮文庫:松久淳+田中渉
かなし薄い本だったんでもう読み終わりましたが、結構良かったです。

ストーリーをざっくりと。
もうすぐ大学卒業する、何の取り得も無く冴えない主人公(♂)が、
ある日突然、アロハを着たオッサンに拉致られてしまい、
天国の本屋で短期アルバイトをするハメに。
その本屋には緑色の目をした少女ユイと漫才コンビ。
そしてこの本屋さんの目玉サービス…朗読サービスをする事に…。

ざっとこんな感じ。
大人の童話的感覚でさくさく読めます。
(結果花郎は昨日買って今日3時間くらいで終了…orz)
本が苦手な人も、チョット優しさやら思い遣りに飢えてる方も是非是非。
本っていいですよねぇ…どんな設定だろうと、どんな世界だろうと行ける。
絶対に生身じゃ体験出来ないような事だって出来ちゃう。
(村上龍に言わせれば「クソな商売」だそうですが)
小説家や漫画家って素敵な仕事だと思うですよ。憧れますなぁ。(* ̄∇ ̄*)

これからも読んだ本とか報告してまいりますっす。キリッ<(`・ω・´)
by 花郎| by kumakikai2 | 2005-03-09 20:53 | book
<< もうすぐ春です。 何をしてるんだか。 >>