珍しく真面目な話。
何となくコンビニにあった「DEEP LOVE」を立ち読み。
「アユの物語」を読んでから酷く後悔したんだけど、やっぱ気になる。
んで「パオの物語」と「ホストの物語」だっけ?読んだ。

やっぱり後悔した。

行き場の無い怒りが湧いてしまった…。
何で人間は弱者に対して優しくないんだろうか?
2chにも「生き物苦手板」なるモノがあるけど、二度と覗こうとは思わない。
花郎の場合は極度の人間嫌いだからね、それはそれで狂ってるけど。
もう地球は浄化しちゃうしか無いんじゃない?神様とやら。

大分前にある科学雑誌に書かれてたけど、
現在のある一定の年代から脳の構造が変わったそうだ。
記憶力悪い花郎はどう違うのかは忘れたけど、良い変化では無かったと思う。
結局その論拠を論ずるまでもなく青少年の犯罪は多発していて、
「前代未聞」だとかって言葉すら聞きなれてしまった。
でも最近、ニュースで新たに耳にする言葉が増えた。

「全く反省の色が無い」

人を怪我させたり、下手したら死なせたりしていて反省無し?
一体ドコから人間は狂ってしまったんだろうね?
新聞を読んでいても「集団自殺」なんて記事を見る事も増えた。
自分の命は自分のモノだと勘違いしてるのかね?
でもだからと言って子供は親のモノだとも思ってない。
「生きる」のは大変だし、難しいと思う。こんな時代だからね。
だけどもそれでも人には「生き続ける」義務はあると思う。
けど花郎も死にたいと思う事がある人間だから説得力は皆無だけど。
なんか珍しく真面目に難しい事書いてるなぁ…。

花郎は浮浪者が大嫌いでした。
いや絶対に存在させるな!とかでは無いし、実際話した事がある人もいる。
子供ながらに何で働かない?何で人としての生活を営まない?と。
社会の仕組みなんて知らないからね、そりゃそう思うさ。
殆どの人間に出来る「普通の生活」が出来ないなんて想像が出来ない。
むしろ甘えてるだけじゃん、そう思ってた。
でも実際はこの社会ってそんなに優しく出来て無いんだよね。
考えてみればそうだよな。高齢者が一人で生きられる世界じゃない。
仕事だって年齢高ければ雇ってくれる場所も無くなる。
仕事を選んでただ甘えで浮浪者やってる様な人もいるけど、
足が悪いとか、目が悪いとか…そんな身体的理由で働けない場合もある。
浮浪者が高校生だかに袋叩きにあった事件があったけど、
どっちもクズだな…としか思わなかった。本当は事情あったかもだよね。

なーんかツラツラと変な事を書いた気もするけど、勘弁して下さい。
反論やら色々あるでしょうが、あくまでも「花郎の考え」なんで。
自分も情けないくらいに優しくない人間だなと反省させられた一日だった。
[PR]
by 花郎| by kumakikai2 | 2005-02-10 19:22 | 雑 記
<< 本日の対戦。 空コン追記。 >>